認知症GPS端末のレンタル費用の相場

gpsのレンタル費用相場は月額3,000円程度です。1か月更新とするところが多く、リーズナブルに利用できます。

自動追跡型GPSと位置検索型GPSの違い

頻繁に現在地を確認したい人におすすめの自動追跡型gps

自動追跡型のgpsは、検索対象の人が通った道筋と現在地がリアルタイムで把握可能のシステムです。頻繁に家を空ける人におすすめで、いつも同じ行動がとれない人や長距離を歩くことを苦に感じないタイプの人に最適です。道すがらの行動把握も簡単にできます。

検索の都度現在地がわかる位置検索型gps

位置検索型gpsは検索の都度現在地だけを把握できるシステムです。ポイントで場所を把握することができますが、前回検索地から今回の検索地の間の足取りを探ることはできません。行動範囲が限られている人や、検索対象者に対する支援者が多い場合に最適です。

購入する前に借りて試す

カーナビ

高齢の親やまだまだ幼い子供などが家族にいる場合、危険から遠ざけるために、いつでも居場所を把握したいと願っているかもしれません。そのために利用できるのが、居場所をしっかりと特定することができるgpsというアイテムです。しかし、購入しようとするとそこそこの費用が発生するため、本当に役に立つのか分からない状態では購入する気になれない状況もあるでしょう。もしも、役に立つのか確かめたいときは、購入する前にレンタルをして試してみることをおすすめします。gpsのレンタルを行ってくれるサービスがあるため、申し込めばすぐに自宅まで届けてくれます。なお、レンタルサービスの公式ホームページをチェックすれば、gpsがどのようなものかしっかりと説明されているので、どのようなものか分からないなら読んでおきましょう。仕組みを正しく理解すれば、親や子供を見守るために、大活躍してくれるアイテムだということがハッキリとするはずです。

アプリケーションを利用して居場所を特定

カーナビ

gpsは信号を発信するだけの装置なので、単体で利用したのではまったく役には立ちません。そのため、どこにいるのか居場所を表示させるためのアプリケーションが必要になります。もちろん、レンタルサービスではアプリケーションも提供してくれるので、わざわざ自分で探す必要はないです。パソコンだけではなくスマホにも対応しているところが多いため、ほとんどの家庭では問題なく利用ができるでしょう。なお、インストール方法は、公式ホームページでしっかりと説明されているはずです。まずはそちらを読んで、自身の端末にインストールできるのか確認しておきましょう。インストールが難しそうな場合は、レンタルサービスに質問すればわかりやすく教えてくれるので、バッチリとgpsを使えるようになります。

広告募集中